日々のたあいのないこと、ときどきものづくりのこと
巣立ちの朝


前の日の夕方、
窓のすぐそばの電線にシジュウカラがとまっていて
親を呼ぶ声がひっきりなしに聞こえていたけれど
陽が落ちる前に鳴き声が止んだ。


そして朝6時半ころでしょうかね、
シジュウカラの鳴き声で目が覚めました。

きのうと同じところにとまっていて、
2階の寝室からはちょうど同じ位置になる。
デジイチを取り出して朝から写真撮影(スゲーあやしい)。
初めは網戸越しに撮っていたけれど、
ヒナは警戒心がないので網戸を開けて撮りました。


網戸越しのソフトフォーカス。

まだアフォ毛付いてる(笑)のと
シジュウカラの特徴であるネクタイがまだ薄い。
そして孵化して2週間足らずのヒナは
口の端のとこがむにっとしていてこれがまたかわいい。


どうもこの建物の屋根の雨どいかなにかに巣があったみたい。
で、ちょうど前の電線に出て来て親の促しで飛び立とうとしていたところみたいです。

きのう巣立ちの第一弾だったらしいけど
夕方ぎりぎりだとカラスや猫などに狙われてしまって危ないので
きょうにしたようです。


びえ〜


ん?




(おなかすいたの)



写真には撮れてないけれど、
カメラを構えていたら親鳥2羽が警戒して近くにやってきて
真下の駐車場にある車のほうに飛んで行ったり
わたしの注意を逸らすようにいろいろけなげにがんばっていたよ。

そしてとちゅうヒナの横にメジロがなにやってるんだか
気になったみたいでやって来たりして
異種鳥4羽と人間1名で朝からなにやってるんでしょうかね(笑)



いつの間にかおとなりの屋根のほうへと
へたっぴながらも飛んでいくのが見えたから
巣立ちの見守りはひとまず終えて二度寝に突入しました。


10分ほどのかわいい出来事。





生物 comments(0) trackbacks(0)
水鉢の風景





メダカの稚魚がちゃくちゃくと孵って
ただひたすらのメダカすくい。

うへへ♪






それはそうと
ホテイさんはあの日以来放浪の旅に出たのでありました。

そしてそれを悟ったかのようにその後ホテイ草は茶色に変色し
枯れてしまいました。
気温が不安定でこの時期としては寒くなったからね。
ホテイさんは知っていたのかもしれないね。













生物 comments(0) trackbacks(0)
水鉢の風景



きょうもホテイ草の上にホテイさん。
熟睡。


このあとこの場を外してふたたび見に行ったらホテイさんがいない!
慌てていたら、横に生えてきていたスイレンの中にすっぽりとおさまっていました。
ホテイさんかわいい♪
すっかりホテイさんに夢ちゅー。










連日寒い日が続いていたけれど
この日は10時すぎくらいにひさびさに気温が上がりだして
おとなしいと思っていたホテイさんが活発に動くようになりました。

どうやら外に出られないことが今ごろわかったのかパニクリ出して
飛び立とうと甲のしたの薄羽を出し始めたので
もうお別れになるかもしれないな、と思いながら
後ろ足で羽を整える様子を観察していたら
左の羽がくしゅくしゅになってて開かない。
必死になって後ろの足で整えるのだけど片羽は一向に広がらなくて
ホテイさんはあれ?あれ?的な慌てっぷり。


そしてホテイさんは飛ぶのをあきらめて水面に飛び出しました。
(え?)
ホテイさんアグレッシヴ。
いやしかしすぐさまUターンしてホテイ草に戻ってきました。
(いやしかし、浮いてるし、泳げるんだねぇ…)






水難事故の悲しい姿は見たくはないので
割り箸を差し出して別邸のポーチュラカリアの鉢に連れてってあげました。
もうこれでホテイさんとはお別れかもしれない、
でもそれはそれでしょうがない。
旅立つものを引き留めることはできないのだ〜








↑私がホテイさんと戯れていたらハリキリだしたお方。
 
 この方は引き留めておかないとね、のお方。










そして翌朝、
なんと!別邸にいたはずのホテイさんがホテイ草に戻っていました。
どうやって戻ってきたのかは謎なのですがうれしい〜(わーわーわーわー)


スイレンさんでもポーチュラカリアさんでもなく
ホテイさんはホテイさんでありました。





生物 comments(2) trackbacks(0)
水鉢の風景



なんと今日のお昼くらいに隔離していたメダカの卵が孵りました。
よく見ると2ひき。
目にかけていた卵にもなにやら目らしきものが見えるので
明日もう1ぴき孵ると思われます。

思えばおととし、初めてペットショップでメダカを購入して
初めて卵を産んで孵ったけれど、
隔離用ペットボトルの細工を失敗して外に流れ出て
いなくなってしまいました(多くは語るまい)。

少し大きくなるまではこの中で育てます。











そしてきのうの虫くん。

朝見たら寝てました。
しっかりと葉っぱのフチをホールドして(笑)。

さっき見たら今夜もホテイ草にお泊りみたいです。
きょうもずーっとホテイ草の上にいたから『ホテイさん』と名付けました。


おやすみホテイさん。




生物 comments(0) trackbacks(0)
水鉢の風景



きのうの水鉢の風景。

ホント葉が増えた。




よくよく見るとホテイ草に何かの虫がいた。
生きてるのかな?とふーふー息を吹きかけたら触角と脚がゆっくりと動いた。




そのあと見に行ったらさっきとは違うところに移動していた。
さっきは寝ていたみたい。




水上生活。

なんかかわいい。







本きた。
まだちゃんと読んでいない。
ゆっくりと。






そして今朝。

ホテイ草の少し枯れて丸まってるところに顔を押し付けて
ぐっすり眠っていた。
雨が降っていて肌寒いので動かない。


かわいいかわいい。
いつまでここにいてくれるのだろう。







生物 comments(0) trackbacks(0)
水鉢の中の風景



5月18日ころ

園芸店でおしえてもらった、煮干し挿しで栄養補給。
    
        
グレーだった煮干しが一日経ったら水を含んで白くふっくらしてきた。
こわいこわい。







5月19日

水鉢の住人として黒メダカ10匹が入居。一緒にホテイ草もいれた。





5月25日

ようやく葉が増えてきたけど、陽射しが急激に強くなり鉢面に苔が増え始めて水が濁ってきた。
元からいたタニシ2匹では追いつかなくて、どうしよねぇ…







6月4日

藻に卵らしきものが付いているのを発見。
以前調べた要領でペットボトルを切って作った容器になんとな〜く隔離。
メダカに付いてきたと思われるタニシが 増えて壁面の苔が少なくなってきた。





6月8日

現在の水鉢の様子。姫スイレンの葉がモーレツに増えてきた。
タニシ増殖のおかげで壁面の苔はほぼなくなったけど水の濁りはまだある。

姫スイレン、今年はツボミをつけるのか否か。
そして卵は孵るのか孵らないのか。






生物 comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |